トピックス
事業の目的
対象者・育成人材像
組織
募集要項
カリキュラム
シラバス
アクセス
関連リンク
メディア掲載・放送
お問い合せ
パンフレット
トップへ戻る


養成の対象者と養成する人材像
養成の対象者は、地域の食品関連企業従事者や農業者、農業生産団体従事者、行政職員などに加え、地元(高知県内)食品企業への就職を強く希望する学生が対象者となります。


養成すべき人材像としては、
1)土佐FBC−A
  食品製造・加工や品質管理、機能性食品の生産に関する技術を習得し、マーケティングや経営学などマネジメント能力に長け、地域の課題解決力を身に付け、将来の地域食品関連産業をリードする中核人材を養成します。 本コースの修了者には土佐FBC-Aの修了証を発行します。
2)土佐FBC−B
  自ら商品開発や分析・管理等の技術業務を担えるスキルと考え方を身に付けた、技術力を有した食料産業従事者を養成します。座学に加え、基礎科学実験、または現場実践型の習得カリキュラムを設定し、科学的思考や科学的技術、さらには食品産業の現場レベルで必要とされる知識と技術について身に付けていただきます。本コースの修了者には土佐FBC-Bの修了証を発行します。
3)土佐FBC−C
  農業及び食品分野の科学的知識を身に付け、市場の情報からフィードバックして農業生産を考えられるマネジメント能力を備えた農業従事者を養成します。 本コースの修了者には土佐FBC-Cの修了証を発行します。

このページのトップに戻る